必見お得情報

【家庭持ちサラリーマン向け】知って得する医療費控除!

必見お得情報

こんにちはー,

三十路サラリーマンのじんです.

世間は確定申告の時期ですね.

毎年2/16〜3/15が確定申告の期間ですが,

今年はコロナもあり,〜4/15まで延長されております.

え?サラリーマンに確定申告は関係ないって?

いえいえ,そんな事はないんです.

本日は,知って得する「医療費控除」についてお話しします.

ぜひこのことを頭に入れて,一緒に賢く生きていきましょうー!

 



医療費控除とは

制度

1月1日〜12月31日までに支払った医療費に対して,

控除をうける(所得税を再計算する)ことができる制度のことです.

つまり,サラリーマンなら毎月天引きで所得税を支払っていますが,

税金支払いすぎたので,払い戻ししますよっていうものです.

対象

生計を一にしている人ならまとめて申請できます.

「生計を一にしている人」=「自分,夫(妻),子供,親,etc」

ここは実は知らない人が多いところです.

家族トータルで支払った医療費が対象なんです.

一年間の医療費合算で結構いきそうですね.

 



医療費10万円以下で申請する

よく耳にするのは,

「10万円以上医療費を払っていないと意味がない」という声ですが,

そんな事はありません!

10万円払っていなくても申請すれば,所得税の還付が受けられるんです!

ただし条件あり

控除を受けられる条件

その条件はこちらです.

  1. 配偶者が働いている(パート,アルバイト等)
  2. 配偶者の所得が200万円以下(給与収入が約311万円以下)
  3. 所得の5%以上の医療費を払っている

多くのサラリーマン家庭が対象なんじゃないでしょうか.

 



控除の計算方法

上の条件に当てはまるとき,10万円以下の医療費も控除の対象になります.

計算してみましょう.

例えば,年間医療費が9万円,配偶者の年収が125万円だったとすると,

医療費控除額は,

医療費9万円 ー(年収125万円 ー 給与所得控除65万円)× 5% = 6万円

所得(課税所得)は,

医療費控除前:60万円 ➡︎ 医療費控除後:54万円となります.

どれだけお得?

この例では,所得税率10%だと仮定して

6万円 × 10% = 6000円 の還付を受けることができます.

一般的に数千円から数万円戻ってきますね!

ざっくり笑

 



対象医療費

基本的には「治療目的でかかった費用や医師」が対象.

個人の希望や美容等で払った医療費は申請できません.

ただし,薬局で購入した市販の風邪薬や医師の指示で受けたマッサージ

通院に使った交通費等も申請の対象です.

申請方法

①書類の準備

まず以下の書類の準備が必要です.

 1.医療費控除の明細書

   支払った医療費を記入するリスト.国税庁のHPからダウンロードできます.

 2.確定申告書A(BもあるがサラリーマンはA)

  こちらも国税庁のHPからダウンロードできます.

 3.マイナンバーなどの本人確認書類のコピー

※注意※

 領収書やレシートは提出不要ですが,

 申請から5年以内に申請内容の確認のために提出を求められることがあります.

 



②書類の提出

書類ができたら提出します.

 提出方法は,管轄の税務署に持ち込むe-Taxで電子申告です.


以上!思ったより簡単でしょ??

ちなみに医療費がかかった翌年の1月1日〜5年以内であれば

遡って申請も可能です.

わからなければ国税庁HPで説明されていますので,そちらをみてみましょう.

こちら

 



〜知っていておトクな番外編〜

不妊治療の申請はできる?

一般不妊治療(人工受精)からが助成の対象

つまり,それ以前にかかる医療費(検査費用等)は基本実費負担.

この検査費用等が10万円弱かかってくるが,

これに関しては申請可能です.

できるだけ年始めに通院しだすと,年間通しての医療費がまとめられるので

覚えていて損はありません.

 



領収書を捨ててしまった!

 1.領収書の再発行

   まずはかかった医療機関に再発行を依頼する

 2.「領収額証明書」の発行(有料)

   通常は有料になるが,領収書の代わりになる「領収額証明書」の発行を依頼する

 3.家計簿等の記録を整理

   過去1年間の家計簿等で医療費の支払いを証明する.

   しっかりと支払日,金額,支払い先等の履歴が記されていれば,

   認めてもらえる可能性もあり.

わたしは領収書紛失したので,電話をすると無料で再発行してもらえました.

まとめ

ご家族のいるサラリーマンの方,

こんなにお得な制度,知らなかった方も多かったんではないでしょうか?

言える事は,領収書をしっかり取っておきましょう!です.


また有益情報あれば書いていきたいと思います.

それではまたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました