資産運用

【NISA】投資初心者サラリーマン向け!基礎知識と始め方

資産運用

どうもー,

三十路サラリーマンのじんです.

今回のテーマは,

「NISA(Nippon Individual Savings Account)= 少額投資非課税制度」です.

といってもわたしも知ったのは昨年夏であります.恥ずかしい.

正直,こんないい制度早く知っときゃよかったと

知れば知るほど感じます.

そんなみなさんもこの記事をサッとみたらすぐに始めましょう.




結論(わたしの)

つみたてNISAS&P500連動のインデックスファンドを年40万円分購入し続ける!」

実績(わたしの)

昨年8月から楽天証券のつみたてNISA口座で運用を開始.

年間上限の40万円を4ヶ月均等割りし,月10万ずつ積み立て,

447,3891円(+47,389円).

年利10%超え,すごいです.

 



NISAとは?

少額投資非課税制度(Nippon Individual Savings Account)のこと.

その制度を利用できる口座をNISA口座といいます.

現在NISAには三種類あって,

 ・一般NISA(年間120万円×5年間)

 ・つみたてNISA(年間40万円×20年間)

 ・ジュニアNISA(年間80万円×5年間 ※未成年のみ)

と分類されます.



一般NISAは,一度にまとめて投資したい人や

株主優待狙いや個別株式の値上がり期待など株式に投資したい人向け,

つまり投資経験のある人向けです.

わたしのような投資初心者は,細く長く積み立てていくつみたてNISAが合っています.

注意点は,一人につき1口座しか持てないこと

一般NISAとつみたてNISAの併用はできないこと,です.

 



投資先は?

そしてNISAはただの口座のこと.重要なのは何に投資するかです.

わたしは,これまでの歴史から裏付けされている,

米国株のインデックスファンドに投資をすることにしました.

こちらは過去50年の日経平均株価の推移です.

Bloomberg出典

そしてこちらが米国インデックスS&P500の推移です.

Bloomberg出典

米国インデックスは,ITバブル(2000年)やリーマンショック(2010年)を乗り越え,

右肩上がりを続けていることがわかります.

また直近ではコロナショックも乗り越え,さらに実績を積んでいますね.

 



NISAのメリット・デメリットは

メリット

  1. 投資の利益に税金がかからない(通常の証券口座では利益の約20%税金で持っていかれる)
  2. 必要な時はいつでも資産を換金できる
  3. 買い付けタイミングを気にすることなく定期買い付けすることでリターンが安定する

デメリット

  1. NISA口座と他の証券口座との損益通算ができない
  2. 投資である以上,元本割れのリスクあり
  3. 非課税枠の翌年繰越しはできない
  4. 所得控除の対象ではない

こちらをご覧ください.

非課税期間終了時に保有商品を特定・一般口座に移すことができますが,

その際新たな購入価格と見做されるため注意が必要です.

これを救う手段としてロールオーバーというものがあります.

非課税期間終了後に新たなNISA口座に資産を移すことで

その後の値上がり益も非課税になるというものです.

(平成29年の法改正により,ロールオーバーの上限金額が撤廃されました)

ただし,一般NISAはこのロールオーバーはできますが,つみたてNISAはできません

また,この一般NISAは2023年までですので,2024年以降はロールオーバーできなくなります

 



証券口座は?

NISAを始めるなら開設するべき口座はネット証券のこの二択です.

 ・楽天証券

 ・SBI証券

どちらでも手数料安く,大差ないのでお好みでいいでしょう.

楽天証券は,自動で定期買い付けしてくれるので

一度設定してしまえばずっと放置できるのでとても便利です.

また,楽天ポイント(期間限定ポイントは対象外)も使用できるのでオススメです.

まとめ

非課税で運用できるこのお得な制度,利用しない手はありません!

投資初心者にとって,とっつきやすく,また勉強のきっかけにもなります.


直近の株価は上昇しており,利益も出ておりますが,

わたしは短期の結果で一喜一憂せず,長い目線でこれからも続けていこうと思います.


また,2024年からは新NISA制度が始まりますので

そちらとのストラテジーも考えつつ,資産形成・運用を楽しんでいこうと思います.

みなさんもこれを機に投資に少し触れてみて,経験を積んで行ってはいかがでしょうか.

今のうちに行動開始しましょう!


それでは,また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました